デザインにこだわるハワイアンキルト

ハワイアンキルトはイギリス人宣教師が1820年代に伝えました。大判の一枚布を8つに折りたたんでカットし、左右対称のモチーフを完成させます。
ハワイではハギレを使わなかったので大きな布をあえて小さく裁断していました。
当時のハワイは生地という概念がなかったので、木の皮を伸ばした「カパ」を衣服としていました。キリスト教を教えるためにハワイに来た宣教師たちが、裁縫を教えて縫う作業を習得し、パッチワークキルトを発展させたものとしてハワイアンキルトが誕生しました。
アメリカンキルトと違って芸術品として今もお土産に人気です。折りたたむ大きさは8分の1が多いですが、4分の1や2分の1の場合もあります。
デザインのモチーフには植物や花が使われ、海の生物やハワイに馴染みのあるウクレレ、王族の王冠などもあります。デザインは非常に大切にされ、他人のデザインを勝手に使うことはできません。当時は真似をされるのを防ぐため、完成するまで誰にも見せない習慣までありました。全て手縫いなので完成までには時間がかかります。
1針1針に心を込めて作られたハワイアンキルトには、現地で魂を意味する「マナ」が宿るとされ一生の宝物になります。

「ハワイアンキルト教室」について

ハワイアンキルト教室は、温かい雰囲気の中で、本場ハワイの情報も交換される楽しい教室です。
初めて、ハワイアンキルトを製作する人も、丁寧なレッスン方針なので、安心して、気軽に参加できます。ハワイアンキルトアカデミー本校教室では、1回からの選択で、参加できます。最大5人の少人数制なので、全くの初心者の人でも、上手にできるまでのコツをつかむことができます。
週3日 ( 月によって曜日は、異なります ) 11:00~ と 13:00~ 2時間のクラスを設けています。電話で予約して、都合の合うレッスン日が、空いていれば、参加できます。
最近は、1月から、12月まで、月別に違った柄を製作し、全部をつなげるとベッドカバーになる制作キットもあります。ハイビスカス柄、ウクレレ柄、ロイヤルクラウン柄、いろいろな35cm角のタペストリーをつなげていくと完成が楽しみです。
他にも、50cm角 タペストリー クッションカバー 、立体花柄ポーチ、簡単クリスマスタペストリー、ソーイングケース、ティッシュBOXカバー、コースター、長財布など、実用的で美しいハワイアンキルトです。
持ち手が、選べる 「巾着型バック」やラミネート加工で、底の擦り切れ防止、低反発厚手キルト芯を使い、歩きやすい「洗えるスリッパ」など、本格的な実用製品も仕上げることができます。

Valuable information

池袋のセクキャバを検索

日本橋で風俗を探す

2017/8/10 更新